【AT2020 マイク レビュー】配信者にオススメ!コスパ最強のAT2020マイクを紹介します【配信環境】

ゲーム 商品レビュー

こんにちは、わらしか(@wrskJP)です。

僕はYoutubeでゲーム実況をしていまして、マイク音質はある程度こだわっています。
現状使用しているマイクはaudio-technicaのAT2020というマイクです。

今回は使用レビューや環境などを含めてご紹介します。

この記事の内容

正直、「ゲーム配信を本格的にしたいならこれでよくね?」というマイクなのでコスパを考えるなら最強の構成だと考えてます。

ちなみに、AT2020には「AT2020USB+」というUSB端子に接続して使用する製品もありますが、今回はXLRケーブルで接続するタイプの「AT2020」になります。

僕の配信環境を話しつつ、AT2020のレビューをしていきます。

1.コスパ最強のAT2020マイクをレビューします

1.コスパ最強のAT2020マイクをレビューします
結論を言うと、「満足」です。

コスパ、音質、使いやすさ、見た目、どれを見ても1万円で買えるとは思えないほどのクォリティ。別途オーディオインターフェースは必要になりますが、これは破格です。

細かい仕様などは商品ページをチェックしてみてください。
下記のリンクから見れます。

ちなみにUSB版はこちら↓
値段は少し上がっていますね。

僕が使用してるAT2020を紹介

僕が使用してるAT2020を紹介
こちらが外箱になります。

僕が使用してるAT2020を紹介
見た目はこんな感じ。
黒に塗られており非常にクールですね。

僕が使用してるAT2020を紹介
取扱説明書も付属していますが、そこまで詳しく説明が載っているわけではありません。

画像右下に小さく書いてありますが、付属品は「専用スタンドマウント」「マイクポーチ」「変換ネジ」の3つとなっています。

僕が使用してるAT2020を紹介
こちらがマイクポーチです。
革で作られていまして、高級感があります。

AT2020を評価【レビューします】

ざっくり僕が感じたことは次の通り。

  • 音質が向上した
  • 見た目がかっこいい
  • ホワイトノイズが少ない
  • 生活音が以前より入らなくなった
  • 多少離れていても声を拾ってくれる

と言う感じ。
一番実感したのは、やはり音質ですね。

1万円とは思えない音質の良さ


配信動画で申し訳ないですが、こんな感じの音質をしています。声の良し悪しは置いといて、音質はかなりよろしいのではないでしょうか。

一応、以前使用していたUSBマイクの実況動画を下記に貼ります。


こうして比較すると、以前は音が若干割れているような感じがしています。AT2020に変えてから明らかに音割れが減り、生活音を拾っている様子もありませんね。

音質はかなり向上したと思われます。

見た目がかっこいい

見た目がかっこいいAT2020
マイクアームも使用していますが、こんな感じです。めっちゃかっこよくないですか??? こんな感じの環境で、ほぼ毎日配信を行っています。

見た目はさほど気にしないという方も多いかなと思いますが、良いことに越したことは無いので、こちらもメリットだと思われます。

余談:USBマイクからAT2020マイクに変更

以前は上記のFIFINEというマイクを使用していました。
こちらは値段6000円ほど。

コチラだけでも十分な性能がありまして、価格も安く音質もそこそこ良かったのですが、僕が使った所、息を吸う音や周りの雑音をかなり拾ってしまい、OBSの音声フィルタをフル活用してなんとか誤魔化してきた感じでした。

今ではおかげさまで視聴者の方も増えてきたので、思い切って買い換えようということでAT2020マイクを選択した次第です。

USBマイクは便利だけど、音質が微妙

以前は友人とゲームでボイスチャットをするためにいくつもマイクを使ったことがありますが、USBマイクって音質が微妙なんですよね。

聞いた感じ良さそうな気がしますが、よく聞くと音が割れていたりホワイトノイズが入っていたり、生活音もガンガン拾ってしまうので性能が良いんだか悪いんだか…。

といってもボイスチャットくらいなら全然問題なし。実況も出来ないわけではないです。事実僕もUSBマイクでしばらく配信やっていましたので。

ただ、音質にこだわりがあるならUSBマイクは避けるようにしたほうが無難です。

補足:SM7Bマイクも所持してます

こちらも所有しています。海外のストリーマーに人気が高いマイクなのですが、5万円というとんでもない価格をしております。ちなみにヒカキンさんも配信で使用してるみたいです。

使いこなすのが難しすぎた

ダイナミックマイクなので、ボリュームが小さくなってしまったんですよね…。

値段が高いほど良い!と思って簡単に調べて買ってしまったマイクなんですが、失敗でした。

音質は最高に良いんですが、ボリュームが小さい…。だといってボリュームを上げるとホワイトノイズがすごく入ります。

ボリューム対策もしたけど、結局納得出来なかった

補足:SM7Bマイクも所持してます
こちらがSM7B本体、赤いダイナマイトは「アクティブインラインマイクプリアンプ」というパッシブマイクからの信号をブーストさせてくれる製品です。ノイズを出さずに+28dBを実現してます。

補足:SM7Bマイクも所持してます
こちらがボリューム対策に購入したアクティブインラインマイクプリアンプです。

製品詳細も下記に貼っておきます。

確かにボリュームは大きくなっていい感じに思えたのですが、オーディオインターフェースをもっと良いものにしないと満足行く音質にはならないと判断して、今は使用してません。

結果、ミドルクラスのマイクで十分と判断

ということもあり、現在はAT2020マイクに落ち着いています。
というか、これで十分だと思います。

マイクが好きで色々買って使いたいと言う人にはSM7Bが良いかもしれませんが、最低限のコストで最大限の音質にしたいと考えるならAT2020くらいで十分。

音質もよくコストもそこまで大きくなりません。
超おすすめです。

補足:AT2020購入の注意点

下記の通り。

  • オーディオインターフェイスが必要
  • マイクケーブルが必要

という以上の2点に注意です。

オーディオインターフェイスとは?

オーディオインターフェイスとは、デジタル信号とアナログ信号を変換する機器でして、マイクは当然ながらアナログ信号なので、パソコンに取り込むにはデジタル信号に変換しなくては駄目なんです。

AT2020もオーディオインターフェイスを通さないとパソコンに取り込めません。ですので必須です。

マイクケーブルが付属してないので別途用意します

この手のマイクはどんな製品でもそうですが、マイクケーブルが付属してないことがほとんどです。別途購入しましょう。

XLRケーブルが必要になりますが、どんな製品が良いかは次の項目にて紹介します。

2.AT2020を使用した配信環境の紹介【マイクレビュー】

見た目がかっこいいAT2020
配信環境について紹介していきます。
使用してる機材は下記の通り。

  • マイク:audio-technica コンデンサーマイクロホン AT2020
  • ポップガード:Auphonix
  • マイクアーム:Rode PSA1
  • オーディオインターフェース:Behringer Xenyx q802usb(ミキサー)
  • マイクケーブル:CANARE XLRケーブル
  • キャプチャーボード:AVerMedia Live Gamer MINI

といった感じ。
それぞれリンクを下記に貼りますね。

Behringer(ベリンガー)
¥14,300 (2020/12/02 01:52:12時点 Amazon調べ-詳細)

AT2020を使用するための機器がメイン

これくらいあれば十分だろうと思い、ちょっと性能が良い機材も揃えています。

もっと切り詰めるならマイクアームを安いものに変えたり、オーディオインターフェイスも安いものがあります。PCゲームメインならキャプチャーボードも不要ですね。

配信ソフトはOBS(無料)

配信ソフトは色々ありますが、僕はOpen Broadcaster Softwareを使用してます。通称OBSと呼ばれる配信ソフトです。

これさえあれば動画撮影も出来るし、音声フィルタもあるのでよりより音質を実現することが可能です。

細かい設定内容などは別の記事にて紹介しますが、バカ高いミキサー買ったりするよりは全然これで十分なので、おすすめです。AT2020マイクもかなり良い音質を実現できています。

まとめ:ゲーム配信ならAT2020でOK

1.コスパ最強のAT2020マイクをレビューします
様々なマイクのレビューがありますが、ゲーム配信ならAT2020で十分ではないかなと思います。むしろコスパ重視ならこれ一択です。

この価格帯でこの性能なら最高。
今後しばらくはこのマイクを僕も使い続けると思います。

僕の場合はSM7Bという高いマイクも買ってしまっているので、こちらも活用したいとは思っていますが…。うーん。

と言う感じで、以上でAT2020マイクのレビューを終えます。

わからないことがあれば相談してください

もしわからないことがあれば気軽にTwitterでDM送ってください。