秋キャンプで特に必需品なもの10個を紹介します【経験談/寒さ対策など】

キャンプ グッズ紹介・レビュー

こんにちは、わらしかです。

秋キャンプで必需品といえるキャンプ用品を紹介します。
主に「寒さ対策」や「暑さ対策」に関する道具です。

この記事の内容

  • 1.秋キャンプに必需品なキャンプ用品10個の紹介
  • 2.それぞれ、イチオシのキャンプ用品の紹介

秋キャンプは、暑さと寒さの瀬戸際になることが多い時期。
難易度が高いので、しっかりと対策するべきです。

1.秋キャンプで特に必要なもの10個を紹介します

1.秋キャンプで特に必要なもの10個を紹介します
次の通りです。

という感じです。
どれも秋キャンプの必需品です。

主に「防寒具」がメインでして、寒くて大変な夜を乗り越えるための道具なので、できるだけ全て用意しましょう。

その1:薪ストーブ(ヒーターなど)

火気類が1つあると、すごく夜が快適になります。
主にテント外で使用します。

ヒーターの場合はテント内で使うようになりますが、テント自体「火気厳禁」なので、使用の際は自己責任となります。注意が必要ですね。

また、二重煙突などを利用して薪ストーブをテント内にビルドする方法もあります。詳しい内容は下記を御覧ください。

ヒーターだと電源の確保が必要になるので、別途購入が必要です。エナーボックスあたりが安全性も高く、性能が良いのでおすすめです。

おすすめのキャンプ用品

created by Rinker
Aladdin (アラジン)
¥46,255 (2020/10/30 04:11:39時点 Amazon調べ-詳細)

ストーブは上記がおすすめ。
僕は薪ストーブを利用しています。

また、コンパクトバーナーをストーブに買える製品もあります。
下記です。

バーナーの上に置くアタッチメントですね。

ガスの消費がかなり増えますが、小型で持ち運びも容易なので扱いやすいです。僕も所持して何回も使ったことがありますが、結構暖かくなります。(外だとあまり効果なしでした)

その2:焚き火台

こちらも秋キャンプには必需品。
というより、オールシーズンにおいて必要なキャンプ用品かなと。

キャンプするなら焚き火もすることがあると思いますので、薪の問題を解決できるなら、1つ所持していくと快適に過ごせます。

火を見て癒やされたり、疲れも取れます。
必需品といえます。

おすすめのキャンプ用品

created by Rinker
ピコグリル
¥14,000 (2020/10/29 08:15:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥11,498 (2020/10/30 04:11:41時点 Amazon調べ-詳細)

上記あたりが質も良くておすすめ。
僕はピコグリル398を使っています。

上記の関連記事でも話していますが、ピコグリルを購入するなら「正規代理店」にしましょう。転売が多いので、Amazonや楽天等では買わないほうが無難かもです。

その3:ブランケット

1枚は秋キャンプで必需品かなと。
脚や体に使えば、冷えてしまうことを防ぎます。

なんとなく、ブランケットはキャンプなら男でも使えるかなと思っています。僕にとってブランケットは「女性が使うイメージ」なので、普段は使わないですが、キャンプの時は寒さ対策として使います。

おすすめのキャンプ用品

created by Rinker
PENDLETON(ペンドルトン)
¥6,990 (2020/10/30 04:11:41時点 Amazon調べ-詳細)

この辺りがデザインも良くておすすめ。

ペンドルトンは本当に「キャンプにピッタリなデザイン」という感じなので、1枚あると華やかなキャンプ風景になります。

その4:フリース、ダウン

言わずもがな、寒さ対策です。

昼間はフリースを着用して過ごし、夜になったら上にダウンを羽織る感じですかね。この辺りは状況に応じて調節しましょう。

僕は汗っかきなので、昼間はシャツ1枚、夜はフリースで過ごすことが多いです。薪ストーブも使うのでこれくらいで十分だったりします。

個人的におすすめなのは上記。
ブランドなので少々値段が張りますが、最強に良いです。

その5:日焼け止め

日焼け止めクリームでOK。
実は秋キャンプでも必需品です。

夏にしか使わないイメージがあるんですが、紫外線自体は1年中降り注ぐので、山などの「紫外線が多い場所」では日焼け止めクリームを塗ったほうが良いかなと。

何時間も日光の下にいるわけなので、それなりに対策は必要だと思います。

おすすめのキャンプ用品

僕の愛用品は上記です。
肌が弱い人にはめちゃくちゃおすすめしたい製品。

塗った時に白くなりやすいのがデメリットですが、日焼け止め強度も丁度いい感じで、普段使うにも十分です。

NULLウォータープルーフあたりも使いやすくて良いです。あと最近では、飲む日焼け止めなんて製品も登場していますので、僕は試したことがないですが、そういった製品も良いんじゃないかと思います。

  • NULLウォータープルーフの詳細 → こちら
  • 飲む日焼け止め詳細 → こちら

その6:冬用のシュラフ

秋キャンプですが、冬用シュラフにしましょう。
想像以上に冷え込むことがあるからですね。

僕も秋キャンプは冬用シュラフを使います。薪ストーブも使うんですが、夜は完全に火を消すので寒くなるんですよねー。

秋でも普通に夜は0℃近くなるので、シュラフにはお金をかけたほうが良いと思っています。

おすすめのキャンプ用品

created by Rinker
ナンガ(NANGA)
¥42,900 (2020/10/30 04:11:45時点 Amazon調べ-詳細)

ナンガかモンベルのシュラフでOKです。
僕はモンベルのダウンハガー#2を愛用してます。

その7:シュラフ用のマット、コットなど

底冷えするので、必需品です。
冷えを防ぐなら何でもOK。

僕の場合はコットを使います。

おすすめのキャンプ用品

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥37,473 (2020/10/29 18:22:52時点 Amazon調べ-詳細)

この辺りが質も良くておすすめ。
僕は両方所持していますが、秋キャンプだけでなくオールシーズン使ってます。

コットに関しては下記にレビュー記事がありますので、是非御覧くださいな。

その8:冬向けのテント

秋キャンプですが、冬向けのテントでOKです。

テントの中で暖房器具や火気類を使用するなら、それに対応したテントを使うことをおすすめします。火気厳禁のテントで火気類を使うのは推奨される方法ではないので、非推奨です。

と言いながら、僕はテント内で薪ストーブ使ってますが…。

薪ストーブを使うなら、地面むき出しの「フロアレスタイプ」(インナーテントが別にあるタイプ)で、石油ストーブなら「インナーテント付き」でOKです。

おすすめキャンプ用品

created by Rinker
テンマクデザイン
¥39,500 (2020/10/29 07:26:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥54,780 (2020/10/30 04:11:47時点 Amazon調べ-詳細)

僕のイチオシはサーカスTCです。
スノーピークのテントも質が良く秋キャンプに最適です。

サーカスTCは下記にレビュー記事があります。

その9:タオル、下着類の着替え

秋キャンプの必需品ですが、特に秋キャンプに限った話ではなく、キャンプするならタオルや下着は必要になりますね。

ただ、秋キャンプだと朝露がテントや芝に付きやすいので、朝出歩いたりするとすぐに靴やズボンがびしょ濡れになります。タオルは絶対に必要です。

おすすめの製品

タオルや下着類は別になんでも良いんですが、あえておすすめするなら今治タオルでしょうかね。吸水性が凄いので、汗っかきな僕みたいな人にはピッタリです。

その10:レインコート

秋キャンプは突然雨が降ることも多いです。

テントやタープ設営中に雨が降る可能性もあり、濡れながらの設営は地獄なので、レインコートも所持しましょう。

おすすめ製品

created by Rinker
Snugpak(スナグパック)
¥6,350 (2020/10/30 04:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

この辺りがオシャレで良いですねー。
レインコートというかポンチョです。

安く済ませたいなら、ワークマンあたりに販売されている作業用のカッパとかでもOKだと思います。

雨の日キャンプに必要なキャンプ道具もいくつか所持しておきましょう。下記が関連記事になりますので、合わせてチェックしてみてくださいなー。

まとめ

まとめ
ということで、秋キャンプの必需品10個でした。

それぞれおすすめキャンプ用品も紹介しましたが、僕も使っているものをメインに紹介していますので、質は保証します。

他にも沢山紹介したいキャンプ用品があるのですが、こちらでは紹介しきれませんので、下記記事をどうぞ!

ということで以上になりますー。
もしキャンプ用品でわからないことがあれば、気軽にTwitterなどでリプ飛ばしてくださいな!リンクは下記ですー。

>> わらしかのTwitter