キャンプに使える電気毛布おすすめ10選【メリット/注意点など】

キャンプ グッズ紹介・レビュー

「キャンプに電気毛布は必要?」
「キャンプに最適な電気毛布を教えて!」

といった疑問にお答えします。

この記事の内容

僕はキャンプ歴3年で、冬キャンプをメインに楽しみますが、電気毛布は必需品だと思っています。あるなら持っていったほうが良いです。

電源サイトでのキャンプに縛られますが、最高です。

1.キャンプに電気毛布は必要なのか?【理由】

1.キャンプに電気毛布は必要なのか?【理由】

結論としては、以下に当てはまるなら必要になります。

  • 少しでも寒さを感じると眠れない
  • 体が冷たくなりやすい
  • 寒さ対策に、できるだけお金を使いたくない

みたいな人は、おすすめです。

底冷え対策として最強

電気毛布は、キャンプの大敵「底冷え」の対策方法になります。

この場合、体の下に敷く形となりますが、これだけで寝る時の寒さ対策となります。

多少寒くても眠れるという方は良いと思いますが、大半の方は寒いと眠れないことが多いハズ。実際、僕も冬キャンプする時は薪ストーブを使いますが、体が冷えやすいので底冷えします。

僕みたいにストーブを使用する方なら分かると思いますが、ストーブにあたってても、お尻や腰はすごく冷えるんですよね。これだと、テント内が暖かくても寝付きが悪くなります。

でも電気毛布が1枚だけ下に敷いてあるだけで、体の暖かさは劇的に変わります。これだけで、超眠りやすくなります。(経験談)

という感じで、キャンプ中の底冷え対策として、電気毛布が優秀なのでおすすめです。

キャンプに電気毛布を導入するメリット

次の通り。

  • 底冷え対策になり、寝付きが良くなる
  • 1日中寒さ対策ができる
  • 値段が安いので、導入コストを抑えることができる

という感じで、めちゃくちゃ良いですよね。
特に冬キャンプを嗜む人たちには必需品とも言えそうです。

個人的に「値段が安い」というメリットが一番良いですね。寒さ対策ができるキャンプ用品を買い始めると、値段が高いのであっという間にお金が溶けていきます。いくらお金がかかる趣味とはいえ、僕みたいに何十万円とかける必要はないんですよ(切実)

電気毛布なら数千円だし、2枚購入しても1万円超えません。
キャンプ中のメリットが凄まじいので、1枚はほしいところ。

キャンプに電気毛布を導入するデメリット

次の通り。

  • 電源サイトがあるキャンプ場しか使えない
  • 場合によっては、ポータブル電源が必要

おそらく、この2つ。
使える場所が限られてしまうのが最大のデメリットですね。

それを解消するためにポータブル電源を購入する方法もあります。名前の通り、どこでも電源が使える道具。代表的な製品だと「PowerArQ」や「エナーボックス」になりますね。

ポータブル電源は便利だけど、値段が高い

1つあると超便利です。
電気毛布やヒーターも使えますからね。

一方で、良い質の製品を選ぶと値段が高いです。
大体4万~10万以上という感じ。

手が出せない場合は、キャンプ場の電源サイトを選択するほかありません。電源が無いと電気毛布は使えないですからね…。

以上、キャンプに電気毛布の必要性でした。
メリットとデメリットが見えてきたかと思います。

2.電気毛布の選び方

2.電気毛布の選び方
次の通り。

  • メーカーで選ぶ
  • 大きさで選ぶ

これだけです。

メーカーは必ずチェックすること

これだけは重要です。
知らないメーカーや、検索してもサイトが存在しないメーカーは非推奨です。

大体そういうメーカーは、中国のメーカーが作っていることが多いですが、ほとんどが「劣化品」で質が悪いです。メリットは値段が安いというだけ。

また、中国の電化製品を調べれば調べるほど、「爆発する」「発火する」などの事故が後を絶えません。普通に危険です。

選ぶべきメーカー

  • アイリスオーヤマ
  • 山善
  • パナソニック
  • コイズミ
  • 日立

この辺りが無難でしょう。
まず、問題は起きないかなと思います。

大きさで選ぶ

電気毛布の大きさは結構異なります。
使用用途によって決定すると良いと思います。

例えばシュラフの下に敷いて使用するなら、180cmくらいは欲しいですね。逆にひざ掛けやお尻の下だけに敷くような使い方なら、130cmくらいあれば十分。

大きさによって値段も大きく異なることが多いので、しっかりと自分の使用用途を考えてから、購入に至ってくださいな。

3.キャンプに使える電気毛布おすすめ10選

3.キャンプに使える電気毛布おすすめ10選
ということで、早速紹介していきます。

最高だと思う電気毛布2つ【キャンプ/日常に】

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,980 (2020/10/22 09:31:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥16,480 (2020/10/22 09:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック製の上記2つが最高に良いです。
理由は下記の通り。

  • 掛け布団、敷布団の両用型で便利
  • 丸洗いができる
  • 安心安全のパナソニック製
  • 最高で51℃まで
  • 2枚あると最強

最大の特徴は「掛け布団」、「敷布団」の両用型という点ですね。

DB-RM3M-C(値段が高い方)だと、布団が厚めに作られているので、寒さに弱くて…という人でも安心です。質が良いので値段は高いんですが、超おすすめです。

RP1M-H(値段が安い方)は生地が薄いので軽量化されている分、値段が安くなっている感じです。両方買って活用しても良さそうですねー。

DB-RM3M-Cの仕様

  • 値段:14,460円(Amazon)
  • サイズ:188cm × 137cm
  • 材質:ポリエステル100%
  • コード長:本体側97cm、電源側191cm
  • 温度:最高51℃

>> DB-RM3M-Cの詳細はこちら

RP1M-Hの仕様

  • 値段:8,790円(Amazon)
  • サイズ:188cm × 137cm
  • 材質:ポリエステル30%、アクリル35%、レーヨン35%
  • コード長:本体側97cm、電源側191cm
  • 温度:最高51℃

>> DB-RM3M-Cの詳細はこちら

キャンプ中の敷布団として活用できる電気毛布4つ

created by Rinker
コイズミ(Koizumi)
¥6,940 (2020/10/22 09:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの4つですねー。
安価で使いやすい、大きさも十分あるので、敷布団として活用できます。

キャンプの底冷え対策としておすすめできる製品です。

コイズミ 電気毛布 仕様

  • 値段:4,558円(Amazon)
  • サイズ:188cm × 130cm
  • 材質:ポリエステル70%、アクリル30%

>> コイズミ 電気毛布の詳細はこちら

パナソニック 電気しき毛布 仕様

  • 値段:6,700円(Amazon)
  • サイズ:160cm × 80cm
  • 材質:ポリエステル70%、アクリル30%

>> パナソニック 電気しき毛布の詳細はこちら

山善 洗えるどこでもカーペット 仕様

  • 値段:5,980円(Amazon)
  • サイズ:180cm × 80cm
  • 材質:ポリエステル100%

>> 山善 洗えるどこでもカーペットの詳細はこちら

山善 電気掛・敷毛布 仕様

  • 値段:5,147円(Amazon)
  • サイズ:188cm × 130cm
  • 材質:ポリエステル70%、アクリル30%

>> 山善 電気掛・敷毛布の詳細はこちら

ひざ、お尻などの冷え対策に最適な電気毛布4つ

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,981 (2020/10/22 09:31:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コイズミ(Koizumi)
¥2,150 (2020/10/22 09:31:16時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの4つがおすすめ。
大きさもちょうどよく、安心メーカーで値段も安めです。

敷布団として使うには少々物足りないサイズですが、この辺りは好みでしょうかね。

アイリスオーヤマ 電気毛布 仕様

  • 値段:3,150円(Amazon)
  • サイズ:140cm × 80cm
  • 材質:ポリエステル100%

>> アイリスオーヤマ 電気毛布の詳細はこちら

山善 ふわふわもこもこ 電気敷毛布 仕様

  • 値段:4,480円(Amazon)
  • サイズ:140cm × 80cm
  • 材質:ポリエステル100%

>> 山善 ふわふわもこもこ 電気敷毛布の詳細はこちら

コイズミ 電気毛布 敷毛布 仕様

  • 値段:1,980円(Amazon)
  • サイズ:130cm × 80cm
  • 材質:ポリエステル70%、アクリル30%

>> コイズミ 電気毛布 敷毛布の詳細はこちら

山善 電気敷毛布 仕様

  • 値段:3,200円(Amazon)
  • サイズ:140cm × 80cm
  • 材質:ポリエステル100%

>> 山善 電気敷毛布の詳細はこちら

まとめ

以上、キャンプに使える電気毛布おすすめ10選でしたー。

おさらいとして、キャンプに電気毛布が必要な人は、下記に当てはまる人です。

  • 少しでも寒さを感じると眠れない
  • 体が冷たくなりやすい
  • 寒さ対策に、できるだけお金を使いたくない

電気毛布自体は安いものが多いので、簡単な寒さ対策として有効な手段です。底冷え対策なら最強の方法。

電源サイトじゃないと使えないというデメリットはありますが、ポータブル電源でこのデメリットは解消しますので、それぞれで検討してみてくださいなー。

今回紹介したポータブル電源は下記です。

なにかわからないことがあれば、Twitterで気軽にご相談下さい。

>> 筆者のTwitter:わらしか