【2020年版】本当に買ってよかったと思うキャンプ道具10個を紹介

キャンプ グッズ紹介・レビュー

こんにちは、わらしかです。

キャンプ歴は3年ほど。
そんな僕が「本当に買ってよかったと思うキャンプ道具10個」を紹介します。

この記事の内容

一応、2020年までに買ってよかったと思うキャンプ道具なので、【2020年版】と付けてます。今後いいものが出たら更新する予定です。

キャンプ道具の購入を迷っている方がいたら、是非参考にしてみてくださいな。

1.本当に買ってよかったと思うキャンプ道具10個を紹介

1.本当に買ってよかったと思うキャンプ道具10個を紹介
値段高かったけど、これは買ってよかった~!と思っているものを10個紹介していきます!
次の通り。

  1. 薪ストーブ Winnerwell Nomad View L スペシャルパッケージ
  2. LEDランタン – スノーピーク たねほおずき
  3. テント – サーカスTC
  4. テント – 炎幕DX
  5. コット- ヘリノックス コットワン
  6. 焚き火台 – ピコグリル398
  7. バーナー – SOTO レギュレーターストーブST-310
  8. マット – ジョイントマット
  9. クッカー – メスティンTR-210
  10. ホットサンドメーカー – ヨシカワSJ2408

以上の10個です!

買ってよかったキャンプ道具①:薪ストーブ – Winnerwell Nomad View L

Winnerwell Nomad View L(ウィンナーウェル ノマドビュー)の薪ストーブですね。値段高かったけど、ここ最近で一番満足しているキャンプ道具ですー。
最強の薪ストーブ「Winnerwell Nomad View L」
最強の薪ストーブ「Winnerwell Nomad View L」
最強の薪ストーブ「Winnerwell Nomad View L」
今では冬のメインキャンプ道具なので、ガンガン使ってます。
良ければ、下記の記事も見てくださいな。

とにかく見た目が気に入って買おうと思ったら約7万円…。今まではホンマ製作所の薪ストーブを使用していたので、薪ストーブ自体は所有していました。それでも買ってしまいましたね…。

キャンプ道具の中では一番大きな買い物でしたが、買って損は無し。使って超満足してます!

薪ストーブを検討しているなら、間違いなくおすすめします。


買ってよかったキャンプ道具②:LEDランタン – スノーピーク「たねほおずき」

LEDランタンは「たねほおずき」が優秀
LEDランタンは「たねほおずき」が優秀
LEDランタンは「たねほおずき」が優秀
夜はやっぱり明るいほうがいいなーと思ってLEDランタンを検討していましたが、最終的にはスノーピークの「たねほおずき」を使用してます。

正直、LEDランタンの中では値段が高いほうなので、買うのを渋っていましたが、見た目の良さと機能性、明るさなどを考慮した結果、こちらを2つ購入。今も現役で使用中です。

アームがマグネットなので、カラビナよりも取り付けが簡単です。僕はテント内にロープを張って、そこへ引っ掛けています。落ちたことは1度もないです。

買ってよかったキャンプ道具③:テント – サーカスTC

本当に買ってよかったと思う3つ目は「サーカスTC」です。
ワンポールテントになります。
冬用のテントとして活用「サーカスTC」
冬用のテントとして活用「サーカスTC」
薪ストーブを入れてキャンプしたかったので、それに合うテントがほしいなと思い、見つけた瞬間に即買いでした。

見た目も最高、設営が簡単。
この2つの要素だけで、購入するに値すると思ったからです。

詳しいレビューは過去記事がありますので、そちらを見てね!

薪ストーブの導入方法に関しては下記の記事を参考に。

人気すぎるテントなので、売り切れ続出です。
転売に注意!

テンマクデザイン
¥34,980 (2021/01/26 14:51:12時点 Amazon調べ-詳細)

買ってよかったキャンプ道具④:テント – 炎幕DX

こちらも人気テントの1つ。
軍幕を想像させるような、カッコいいツーポールテントです。
2.【動画で公開】ソロキャンプしている様子【キャンプ歴3年の僕が投稿】
3.炎幕DXの購入方法
前からツーポールテントはカッコいいと思っていた僕にとって、このテントは衝撃でした。軍幕(パップテント)だとなんか使いにくそうと思っていたんで、中々手が出なかったんですよね。

有名メーカーがこうして現代風にアレンジして販売したテントが、炎幕DXだったという感じです。もちろん即買い…ではなく、入荷を待って入荷情報が入った瞬間にポチった感じです。

それだけめちゃくちゃ人気のテントなので、おすすめ。
僕も買ってよかったと思ってます。

買ってよかったキャンプ道具⑤:コット- ヘリノックス コットワン

個人的には最強のコットだと思っている、ヘリノックスのコットワンです。値段も最強に高いです。
買ってよかったキャンプ道具⑤:コット- ヘリノックス コットワン
買ってよかったキャンプ道具⑤:コット- ヘリノックス コットワン
買ってよかったキャンプ道具⑤:コット- ヘリノックス コットワン
基本、ロータイプのコットなのですが、レッグが別売りでありましたので、こちらも購入。ハイタイプにも切り替えることができます。

ただ、レッグは値段が1万円もするので、買うのに抵抗がありました。
それでも、買ってよかったと思ってます。

寝心地最高です。
幅は狭い方ですが、マットが不要になるほど良い。

質の良いコットをお探しならおすすめします!

ヘリノックス(Helinox)
¥35,522 (2021/01/26 15:30:37時点 Amazon調べ-詳細)

買ってよかったキャンプ道具⑥:焚き火台 – ピコグリル398

買ってよかったキャンプ道具としては、個人的にトップを争う程、満足度が高い製品です。キャンプ好きなら、おなじみの焚き火台かもですね。
1.ピコグリル398を2年使ってみた【レビュー】
ヒロシさん愛用「ピコグリル398」を2年使ってみたレビュー【購入方法/注意点など】
キャンプ用品で遊ぶのも良い
僕は先程紹介した「炎幕DX」と組み合わせて使用してます。
かっこよすぎる…。(自画自賛)

携帯性、見た目、機能性全てに関して最強だと思います。
今のところ、これ以上の焚き火台は無いと感じてます。

ピコグリル
¥14,000 (2021/01/26 11:36:43時点 Amazon調べ-詳細)

買ってよかったキャンプ道具⑦:バーナー – SOTO レギュレーターストーブST-310

バーナーはSOTOのレギュレーターストーブが満足してます。
使う頻度はそこまで多くないですが、買ってよかったと思います。
2.SOTOのST-310とイワタニのジュニアバーナーを比較
SOTO ST-310 ヘッド

火力が凄まじいので、数分でお湯が沸きます。
すぐにコーヒー飲みたい時に重宝してます。

あと、ヒーターの代わりとしても活用できます。
冬に炎幕DXを使う時は、たまに使ってます。

SOTO(ソト)
¥6,380 (2021/01/27 00:51:21時点 Amazon調べ-詳細)
SOTO(ソト)
¥815 (2021/01/27 00:51:19時点 Amazon調べ-詳細)

買ってよかったキャンプ道具⑧:マット – ジョイントマット

活用場所はそこまで多くないんですが、ちょっと膝を付いて作業するという時に、意外と便利だったんですよねー。

  • 硬い地面の時、膝置きとして使用
  • キャンプ道具ボックスの下敷きとして使用
  • 軽い、大きさも変えられるのが便利

という感じです。
キャンプ道具としてなら、買ってよかったと思います。

買ってよかったキャンプ道具⑨:クッカー – メスティンTR-210

キャンプ道具としては有名なメスティンも、買ってよかったと思います。

  • 米を炊くのに便利
  • 四角いクッカーなので、ライターなども収納できる
  • 見た目が良い
  • 直火OK

一時期、人気すぎて売り切れ続出してました。
今は多分、在庫安定してると思います。

ワンサイズ大きいメスティンもあるので、必要に応じて使い分けてもいいと思いますね-!

トランギア(trangia)
¥4,100 (2021/01/27 00:56:09時点 Amazon調べ-詳細)
trangia(トランギア)
¥3,399 (2021/01/26 17:30:12時点 Amazon調べ-詳細)

買ってよかったキャンプ道具⑩:ホットサンドメーカー – ヨシカワSJ2408

最近、僕の中ではブームが来ているホットサンドメーカーですが、活躍しまくりです。

最初はホットサンド作るだけの道具だと思ってましたが、普通に肉焼けるし、餃子焼けるしで超便利なことに気が付いてます。挟んで焼けるので、焼ける時間も大幅短縮できます。

色んな種類がありましたが、僕はヨシカワのホットサンドメーカーを買って使ってます。

ヨシカワ(Yoshikawa)
¥1,473 (2021/01/27 00:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

ということで以上、本当に買ってよかったキャンプ道具10個の紹介でした-。

2.買ってはいけないキャンプ道具ベスト3【個人的考察】

2.買ってはいけないキャンプ道具ベスト3【個人的考察】
勝手に決めてしまいました。
以前も、少し話したことがあるんですが、改めて紹介します。

買ってはいけないキャンプ道具3位:ワゴンカート

コールマン(Coleman)
¥9,996 (2021/01/26 11:36:43時点 Amazon調べ-詳細)

上記のような製品ですね。
ものを運ぶのに便利だと思って買いました。

ですが、実際に使ったのは1回だけ。
オートサイトキャンプ場に行くなら不要だったからですね。

この製品自体、重さがあるし運ぶの大変だったし…ということで、個人的には買ってはいけないと思ってる道具です。

買ってはいけないキャンプ道具2位:ソフトクーラーボックス

特にホームセンターとかで売ってる激安ソフトクーラーボックスはヤバいです。買うだけお金をドブに捨てるような感じです。

  • 単純に使いにくい
  • 耐久性がなさすぎる
  • 保冷性がなさすぎる

数回使うだけで、どこかしら壊れると思います。
実際、僕も買って2回目で破れました。

値段が安いだけに買ってしまう人も多いんですが、おすすめできません。

買ってはいけないキャンプ道具1位:カトラリーセット

こういった折りたたみできる食器類ですね。
ぶっちゃけ不要です。

  • 箸やフォークなどは、元々収納しやすい
  • それを折りたたみにしても意味無し
  • 値段も微妙に高い

個人的には、買ってはいけないキャンプ道具ベスト1位でした。

まとめ

ということで、以上で終わりです。

もう一度、本当に買ってよかったと思うキャンプ道具10個を下記に貼ります。

これらは実際に使ってみて、満足したキャンプ道具達です。

ランキングにしたかったのですが、優劣が付けられずこのように紹介しました。自信を持っておすすめします。もしキャンプ道具に悩みがあるのなら、参考にしていただけたら幸いです!

もし他にも良い道具は無いのか気になる方は、下記に実際にソロキャンプで使用してるキャンプ道具を紹介していますので、そちらもチェックしてみてね!