【キャンプ】薪ストーブの魅力とおすすめ4選【超快適でオシャレ】

キャンプ グッズ紹介・レビュー

こんにちは、わらしか(@wrskJP)です。

薪ストーブの魅力ってなんだろう?」
薪ストーブを使うメリットはあるの?」
「どんな薪ストーブが良いの?おすすめは?」

といった疑問に答えていきます。

この記事の内容


キャンプ歴3年、年に何十回とキャンプする僕が答えます。
薪ストーブキャンプはお手の物です。

そんな僕が薪ストーブの魅力を語りつつ、おすすめの薪ストーブを実体験を交えてご紹介させていただきますー。

1.キャンプで使う薪ストーブの魅力3つ

1.キャンプで使う薪ストーブの魅力3つ
下記の3つです!

  • その①:冬でも快適に過ごせる、暖かい
  • その②:テントの中で焚き火ができる
  • その③:煮炊きが楽

といった感じです。

その①:冬でも快適に過ごせる、暖かい

普通に焚き火するより、暖かさがまんべんなく広がっていくので、寒い冬でも快適に過ごすことができます。焚き火の代わりとして使えるので、すごく暖かいです。

また、テントの中に薪ストーブを導入して使うテクニックもあり、快適さはガラっと変わります。
外は極寒、中は南国みたいな状況も作れます。

冬でのキャンプはハードルが高いという人は、薪ストーブが1つあるとグッとハードルが下がりますので、超おすすめ。

その②:テントの中で焚き火ができる

薪ストーブがあれば、テントの中で焚き火ができます。
ちょっと不思議な気分に浸れますね。

また、基本的に「テント内は火気厳禁」であることが多いため、テントの中で薪ストーブを使う際は自己責任となります。あと、適切な導入方法で導入しないと、すごく大変です。

詳しいことは下記記事を参考に。

今は薪ストーブ純正の二重煙突が売られていたり、煙突ガードも存在しているので、テント内に薪ストーブを導入するのは比較的簡単になってます。

その③:煮炊きが楽

焚き火でアレコレするより楽です。
冬なら鍋もできるし、フライパンでステーキも焼けます。

焚き火で直接煮炊きをすると、フライパンやクッカーが焦げ付いたり黒くなったり…手入れが大変ですが、薪ストーブなら直接火に当てなくてもできるので、メンテナンスも不要になります。

実際に薪ストーブを使用している様子

下記動画のような感じです。

このように実際に使っていますが、冬なら超快適。
僕はテントの中で使ってます。

繰り返しですが、テント内は基本的に火気厳禁です。
使用する場合は自己責任です。

テント内で薪ストーブを使うリスク

  • テントが熱で溶けるかも
  • 一酸化炭素中毒の恐れもあり
  • 最悪の場合、火災が起きるかも

こういったリスクがあります。
もちろん正しい使い方をすれば、ほぼ大丈夫です。

これらをしっかり対策して使えるのであれば、薪ストーブは冬キャンプのマストアイテムになりますので、是非使ってみてくださいな。

2.キャンプにおすすめの薪ストーブ4選

2.キャンプにおすすめの薪ストーブ4選
下記4つです。

Winnerwell Nomad View

個人的には最強の薪ストーブだと思ってます。
ざっくり紹介すると、下記のような薪ストーブです。

  • 手頃な大きさ
  • 見た目がカッコいい
  • 機能性抜群
  • 重い(15kgくらい)
  • 値段が高め
  • ロマンの詰め合わせ

です。
薪ストーブにこういう機能が欲しい!という要素が詰め込まれた一品なので、その分、値段が高いですが最強に良いです。僕も愛用してます。

テンマクデザイン ウッドストーブ

テンマクデザイン ウッドストーブ【S】スペシャルパッケージ
テンマクデザイン

キャンプの薪ストーブなら定番ですが、こちらも良いです。

  • 見た目が良い
  • Sサイズ~Lサイズまで大きさが選べる
  • 脚が長い
  • 重さはそこそこ(8kgくらい)
  • 値段もそこそこ(4万~6万)

という感じですねー。
あとはWILD-1辺りのお店にも売られているので、実物を見て購入できるメリットがあります。店員さんに詳細を聞くこともできるので、購入前の事前調査がしやすいのも良いと思います。

G-Stove Heat View

created by Rinker
ジーストーブ
¥64,790 (2020/10/30 01:30:53時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもキャンプの薪ストーブなら定番の1つ。
見た目はテンマクのウッドストーブに似てますね。

人気すぎて売り切れになることも多いので、購入時はお早めに。

ホンマ製作所 ステンレス時計1型薪ストーブ

昔ながらの薪ストーブって感じです。
今回紹介している中では一番大きいサイズですが、一番安いです。

手始めに手を出す薪ストーブって意味では良いですが、テント内の導入は少し難易度高めです。煙突ガードを自作したり、加工が必要になるからですね。

煙突も100mm以上あるので、設営も大変。
僕も使いましたが、テント内での使用は大変でした。

まとめ

以上、薪ストーブの魅力とおすすめ4選でした。

薪ストーブで探すと、色んな種類がありますが、キャンプ用となると結構限られてくると思います。その中でも代表的なものが一番良いと思っているので、おすすめも定番のものを選びました。

冬のキャンプはハードルが高いと思う人も多いと思いますが、薪ストーブを使えば大分ハードルが下がって、寒い時期のキャンプも楽しめると思います。

是非、薪ストーブ使ってみてくださいな。