【SOTO レギュレーターストーブ ST-310 レビュー】1年使ったらわかった9つのこと

キャンプ グッズ紹介・レビュー

こんにちは、わらしかです。

SOTOレギュレーターストーブST-310を使用して1年ほど経過しました。

メリット、デメリットが分かってきたので、レビューします。

この記事の内容

1.【レビュー】SOTOレギュレーターストーブST-310を1年使ってみた

1年使ってみた率直な感想
1年使ってみたのでレビューします。

1年使ってみた率直な感想

下記の通り!

  • 収納性が良い
  • 火力が強い
  • とろ火になりにくい
  • 火をつけるのが少し面倒
  • 純正のCB缶でも、そこまで長く使えない
  • 見た目カッコいい
  • 災害時でも活躍しそう
  • 滑りやすい
  • ガス缶が少し値段が高い

という感じです。
思いつく限り感想を考えました。

全体的にみれば、良いバーナーだと思います。

収納生が良い

めちゃくちゃ小さくなります。

収納時サイズ:幅140mm × 奥行70mm × 高さ110mm

かなり小さくなります。

火力がかなり強くできる

ST-310 火力
火力だけ見るなら、スキレットが問題なく使えるレベルです。
ヤカンのお湯もあっという間に沸きます。

朝晩の冷えにも強いので、いつでも高火力が期待できます。

とろ火は難しいかも

頑張って調節しても、とろ火と言えるほど弱い火にすることは難しいと思います。

せいぜい、弱中火くらい。
お米を炊く時は、バーナーパッドを利用しましょう。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥1,488 (2020/10/21 19:01:23時点 Amazon調べ-詳細)

純正のCB缶で大体1時間半くらい使える

普通の炒めもの、お湯を沸かすなどの用途で使えば、10回くらいのキャンプなら1缶で使えそうですが、鍋物など長時間火を使う料理に使うと、割とあっという間に無くなります。

純正のCB缶は少々値段が高め

created by Rinker
SOTO(ソト)
¥737 (2020/10/21 19:01:24時点 Amazon調べ-詳細)

純正はこちらの2種類。
3本セットで700円~800円です。

普通のガス缶と比べると少し値段が高め。

消耗品と考えると、割と節約して使うと良いと思います。

滑りやすい

SOTOのST-310には滑り止めがありません。
そのため、テーブルに寄ってはスルスル滑ります。

僕の場合、ユニフレームの焚き火テーブルの上で使ったことがありますが、滑らせて落としました。点火前だったので怪我などはありませんでしたが、少しヒヤッとしましたね…。気をつけるようにしないとです。

滑りやすさを考慮して、改造する人もいる

滑ることを懸念して、シリコンチューブを取り付ける人がいます。
Amazonのレビューを見ると一部の人は改造していますね。

ただ、熱で溶ける可能性があるので、止めたほうが良いです。
普通に注意するだけでOKだと思います。

火が付けにくい

ST-310には着火用のスイッチがあるので、それをカチカチ押すと火が付きます。一見着火がしやすいと思いきや、実際にやってみるとやりにくいです。

スイッチはガス調節ハンドルの下にありまして、指を隙間に入れてスイッチを付ける感じです。なので片手で着火するのは難しいです。

別売りに「専用点火アシストレバー」が販売されるくらいなので、相当「火の付けにくさを感じた人」が多かったんでしょうね…。

Amazonの合わせ買い商品で500円ほどで買えるので、SOTOレギュレーターストーブST-310と一緒に買っておくと良いと思います。

ライターでつける方法もあり

ちょっとだけ火が当たるかもしれませんが、ライターで着火する方法があります。

ガスのつまみを回して、ライターで着火です。
少々危ないですが、めちゃくちゃカッコいい点火の方法です。

僕はちょっと怖かったので、SOTOのスライドガストーチを使って着火しています。

総合評価:バーナーを買うなら、まず選ぶべき製品

使いにくさ、維持費用などで多少のデメリットがあるものの、全く気にならないレベルですし、バーナーで迷っているならまず選択肢に入る1つになります。

実際に1年使用してみても、最高に良いと思っています。
コンパクトでパワフルなバーナーなので、お気に入りです。

created by Rinker
SOTO(ソト)
¥8,780 (2020/10/21 19:01:25時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonだと、たまにタイムセールで5,000円ほどまで値下げすることがあるので、そのタイミングで購入を検討しても良いかなと思います!

2.SOTOのST-310とイワタニのジュニアバーナーを比較

2.SOTOのST-310とイワタニのジュニアバーナーを比較

見た目が理由で同列に扱われることが多いので、比較してみます。

仕様を比較

品番 CB-JCB ST-310
本体サイズ 幅155mm × 奥行155mm × 高さ127mm 幅166mm × 奥行142mm × 高さ110mm
収納サイズ 幅82mm × 奥行68mm × 高さ109mm 幅140mm × 奥行70mm × 高さ110mm
重量 274g 350g
カラー 本体:シルバー、ガスつまみ:こげ茶 本体:シルバー、ガスつまみ:黒
材質 本体:アルミニウム
バーナー・ごとく・脚・風防:ステンレス
バーナー・器具栓つまみ:ステンレス、
ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
ガス消費量 約194g/h ※1 約1.5時間使用可能
発熱量 2.7kW(2,300kcal/h) 2.9kW(2,500kcal/h)
連続燃焼時間 約120分(イワタニカセットガス使用時)
約40分(イワタニカセットガスジュニア使用時)
約1.5時間(ST-760 1本使用時)
点火方式 2アクション圧電点火方式 圧電点火方式
使用ガス イワタニカセットガス、
イワタニカセットガスジュニア、
イワタニカセットガスパワーゴールド
使用できる鍋の大きさ 目安として18cmまで(鍋底が16cm以下)
付属品 専用ハードケース 収納ポーチ

 

という感じです。
どちらも似たような性能をしています。

主な違いは3つ

下記の通り。

  • バーナーヘッドの飛び出し具合
  • 組み立ての仕方
  • 燃焼音の大きさ

という感じです。

バーナーヘッドの飛び出し具合

SOTOのST-310の方が、ヘッドが飛び出してます。
一方で、イワタニのCB-JCBは隠れています。

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥8,000 (2020/10/21 19:01:25時点 Amazon調べ-詳細)

上記がイワタニです。

SOTO ST-310 ヘッド
SOTOのST-310はこちら。
完全に飛び出てます。

組み立ての仕方が少し違う

イワタニのCB-JCBは脚とゴトクが別構成になっているので、組み立てる時は若干コツが必要です。

一方で、SOTOのST-310は脚とゴトクがセットで1つになっているので、バッと広げるだけで設置できます。この点はST-310の方が便利ですね。

燃焼音の大きさ

僕が聞いた感想としては、ST-310の方がスマートな燃焼音という感じがします。「コー」という感じ。

一方でイワタニのCB-JCBは「ゴォ~~~」という強気の音を発します。仕様上の火力も差はあまりなく、見た目も同じくらいなので、迫力ある音が良いならイワタニのバーナー、スマートさで選ぶならSOTOのST-310という感じでしょうかね。

まとめ:個人的にはSOTO ST-310イチオシ

イワタニのバーナーよりおすすめできるかなと思っています。見た目も個人的には好きです。

SOTOのST-310を選ぶ基準としては、

  • 組み立てが簡単
  • 燃焼音が静か
  • 純正オプションが多い

という3つ。

イワタニのジュニアバーナーを選ぶ基準は、

  • 安定感のあるゴトク
  • 安心の日本製
  • ハードケース

という点だと思います。

バーナーでお悩みの方は、是非検討してみてくださいな!